トップ > 子供と一緒にあそべる > どれがかわったの?

どれがかわったの?

価格 : 1,540円(税込)
数量
 

合計13,000円以上で関東へ送料無料/15,000円以上で本州,四国まで送料無料

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
人数:2-6人  年齢:4歳-  時間:約10分  配送方法:クリックポスト、レターパック可

商品には日本語説明書がついています。

カードのオモテとウラには「ほとんどおなじだけど、ちょっとだけ違う絵」が描いてあります。
そのカードを4〜5枚並べてみんなでよく見ます。

 嵜董廚呂澆鵑覆法屬瓩鬚弔屬辰討ださい」と伝えます。
みんなは目をつぶります。

△瓩鬚弔屬辰討い覺屬法嵜董廚魯ードを1枚だけ裏返します。
こうすることで、さっきまで並んでいた絵が1枚だけ裏返ります。

「親」が「どうぞ」といったらみんなは目を開いて、裏返った1枚のカードを当てようとします。

ぞ綣蠅謀てることができたら、その人の勝ち!その人が新しい親に交代します。

タ討呂△蕕じめ配られていた5枚の手札から1枚のカードをテーブルに追加します。
テーブルの絵のカードが増えていきます。

これを続けていき、「親」になった人の手札のカードがなくなったらその人の勝ちです。

店長のおすすめ
「よく見て選ぶ」事ができたら4〜5歳の小さなお子さんでも遊べます。
カードに厚みがあり、親切に作られています。カードを強く握ってしまうお子さんでもある程度壊れにくくなっています
また、テーブルからカードはつかみにくいときがありますが、厚みがあるおかげで取りやすいです。

また大人だけで真剣勝負で遊んでも楽しいです。
ゲームが進むにつれて、テーブル上のカードが増えていきます。
(間違い探しの絵の数が増えるようなイメージです)
だんだんと難しくなっていくので、テーブルに置くカード枚数をあらかじめ多くすれば
大人でも楽しめます。

リゴレの店頭でも5歳前後のお子様にはいつもおススメできる、ゲームです。